インプラントの説明

歯科が行っているインプラントについてみなさんは知っていますか。
インプラントとは、虫歯や歯槽膿漏などで歯を失ってしまった場合に行う歯の治療方法の一つです。
歯科のインプラントは3つの構成で行います。最初に、あごの骨の中に埋めるのがインプラントです。これは、失った歯の部分に人工的な歯の根っこを埋めるものです。このフィクスチャーの上に人工の歯を乗せます。そして、この二つを結合させるのがアバットメントです。これで、失った歯を人工的に復活させます。これがインプラントです。最初にあごの骨に埋めるインプラントは、チタン製でできています。
この方法では、歯の本来の機能を復活させることができ、さらに見た目も元の歯と同じような感じで取り戻すことができます。また、周辺の歯にも影響を与えることはありません。このため、最近人気の高い治療方法になっています。
また、インプラントがチタン製でできていることには、それなりの理由があります。ひとつは、体にやさしいということです。具体的には、アレルギーを起こしにくいということがあります。また、熱の伝導効率が低い、重さが軽い、強度が強い、錆びにくいという利点があります。このようにチタンは、大変便利な金属のため、歯科以外にも心臓ペースメーカーや人工心臓、人工の関節、骨をつなぎとめるボルトなどにも使用されています。ただし、ごくまれにチタンアレルギーを起こす場合があるので、この点は気をつけておく必要があります。