カウンセリングの意義

インプラントのカウンセリングについて説明します。
インプラントの治療は、最初にカウンセリングが行われます。このカウンセリングでは、患者の訴えや希望を聞き、適切な治療方法を提案します。
ここで、患者の納得できる治療方法が決定されます。治療方法が決定されるということは、おおよその治療期間、治療の費用、治療で得られる結果が決まるということになります。従って、このカウンセリングはとても大切なことであることになります。では、患者はカウンセリングでどのようなことを伝えなくてはならないでしょうか。
それは、今抱えている悩みを正確に伝えること、希望する結果や治療を伝えることになります。その内容が、身体的なことだけでなく、例えば、治療を終えたい時期やライフスタイル、アレルギーの有無、持病なども含みます。
ただし、カウンセリングの結果、インプラント治療ができないという場合もあります。
例えば、糖尿病、肝臓病、腎疾患を持っている、心臓の病気を持っている、骨粗鬆症である、血圧が高いという方が該当します。
これは、インプラントの治療は、外科手術を伴うため体へ負担がかかってしまうおそれがあるということが理由になります。このため、カウンセリングでは、病気の内容は正確に伝えるようにしてください。